つま先たたきで、足腰を強化

ダンワールドのつま先たたきを実践していたら、自転車を楽にこげるようになったという30代の女性の体験談を紹介します。

■■ イルチブレインヨガの体験談 ■■
「自転車を楽にこげるようになった」
30代 女性

内側の股関節にダルさを感じていましたが、つま先たたきを何日か続けているうちに足の裏からダルさを流すというイメージができるようになりました。足が軽く感じられるようになり、始めてから3週間後には、自転車がとても楽にこげるようになっていました。

つま先たたきとともに行う瞑想や呼吸も、とても効果的だと感じました。つま先たたきをした後は全身がほぐれているので、瞑想の姿勢をとるのも楽で、集中しやすかったです。呼吸も、丹田をうまく使えるようになり、心が穏やかな状態になりました。「胸と肩甲骨をほぐす」という目標も達成できました。

      ☆      ☆      ☆

ひざに負担をかけずに下半身の筋力アップ

ダンワールドのつま先たたきは、働き盛りの年代の人たちにもたいへん人気が高いです。職場でデスクワークが多い人は、どうしても下半身の血行が悪くなりがちです。しかも、歩く機会が少ないため、足腰も弱くなりやすいです。

下半身の血行を良くして、足腰を強化するうえで、つま先たたきはたいへん便利なエクササイズです。寝ながらの状態でもできるのが、大きなメリット。膝や足首などに過度の負担をかけることなく、太ももやふくらはぎの筋肉を強化できるので、ふだん運動不足の方にもおすすめです。

30代、40代のころから足腰の強化に取り組めば、年齢を重ねた後に膝の痛みや腰痛に悩むリスクが大幅に減ります。ぜひ、元気なうちからつま先たたきに取り組みましょう!