つま先たたきによる骨盤調整で、足・腰を快調に


ダンワールドのつま先たたきを1日1,000回続け、すっかり健康になれたという体験談です。

 

■■ つま先たたき体験談 ■■

「20代のころの最悪の健康状態が嘘のよう」

47歳 男性

 

20代後半に結核を患いました。病院の治療で症状は良くなりましたが、長期にわたり薬を服用したために免疫力が下がり、夏でも冬の布団をかぶって寝なければならないほど体がひどく冷えていました。

 

また、中学生のときにケガで仙骨を痛めて以来、腰痛で朝起きられない時がたびたびありました。ヒザも悪く、階段をうまく昇れないほどでした。

 

十数年前、知人のすすめでダンワールドのトレーニングを始めました。ベテランの会員さんから、つま先たたきを1日1,000回やってみるようにと勧められ、すぐに始めました。当時の健康状態で1,000回するのはたいへんでしたが、それでも毎日、1日何度かに分けて1,000回こなしました。

 

最初に現れた変化は、よく眠れるようになったこと。いつも不眠に悩まされ、しばしばうなされもしていましたが、一晩中熟睡する日が続きました。不眠と共に肩に重くのしかかっていた疲労感も消えました。

 

6か月間、毎日欠かさずつま先たたきを行い、結核の定期健診を受けところ、胸部レントゲンで痕が結核の痕が見えなくなっていました。通常、結核の痕は消えないそうです。体の持つ自然治癒の力を痛感しました。

 

足腰の痛みもなくなりました。骨盤を正せば体の他の部分も一緒に良くなると言われますが、つま先たたきでそれを実感しました。