男性よりも女性に多いと思われていた「冷え」ですが、最近は、老若男女を問わず冷えに悩む人が増えているようです。こうしたなか、「最も簡単にできる冷え対策」として注目されているのが、つま先たたき(つま先トントン)。下半身から血行を促し、ぽかぽか体質を手に入れることができます。

冷え体質は、体に様々なトラブルを引き起こします。体が冷えると、新陳代謝や内臓の機能、さらには、免疫力の低下へとつながり、大きな病気の引き金になってしまうこともあります。

日本人の平均体温は長年、36.5度前後だと言われてきましたが、最近は35度台の低体温の人が増加。体温が1度下がると、免疫力がおよそ40%低下、基礎代謝が12%低下するとされており、現代人にとって決して侮ることができない症状だといえます。

冷えによってもたらされる弊害の中で無視できないのが「酵素」の働きの低下です。酵素は体内で食べ物などを分解したり、体の栄養素を作ったり、悪い物を解毒したりする物質ですが、体温が36.5度くらいのときに最も活性化するとされます。このため、低体温になると、酵素の働きが鈍るのです。

では、どうすれば、体温を上昇できるのか?
それには「運動」が効果的だとされますが、忙しい現代社会を生きる私たちは、毎日何時間も筋トレやジョギングをできるとは限りません。

そこで注目を集めているのが、つま先たたき(つま先トントン)です。

つま先たたきでは、下半身の筋肉を強化することで体温を引き上げる効果が期待できます。私たちの全身の筋肉のうち、下半身の筋肉は全体の3分の2を占めており、下半身の筋肉を鍛えることで、体温上昇へとつなげます。

また、太ももとふくらはぎを含む足の筋肉は「第二の心臓」と呼ばれ、血液循環に大きな影響を及ぼします。つま先たたきで股関節周りの筋肉や靭帯を動かし、太ももやふくらはぎまで足全体の筋肉を刺激することで、全身の血液の流れをスムーズにできます。

実際、つま先たたきを行った後の体温をサーモグラフィで測定したところ、他の運動よりも上昇の幅が大きいという結果が出ました。全身の温度を均一で高める効果も、つま先たたきが最も高いことが分かっています。

つま先たたき(つま先トントン)で、今こそ冷え体質とオサラバしましょう!